小樽 田中酒造 糀まつり

イベント - 観光
小樽 田中酒造 糀まつり

ここは小樽

 

田中酒造に来ております。

 

ようやく北海道も雪が解けて、

色々な春のイベントが開催されます。

 

春になると桜の前に酒造祭りを

のぞいてみたくて、ここ小樽の 

田中酒造 糀まつり

に来てみました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

地元でしかいただけないお酒や梅酒など、試飲を楽しむ

 

 

今日は晴天とまではいきませんが、

天候もまあまあ良くドライブには、

ちょうどいい天気でした。

 

でも、4月半ばの北海道の朝は、

まだまだ寒く気温もひとケタですね。

 

朝と昼では温度差も10度以上はあります。

 

そんな中、

今日は小樽の田中酒造 糀まつり

に来てみました!

 

ここ田中酒造さんは本店と支店がありまして、

 

せっかく小樽まできたので、

両方の田中酒造さんに、

行ってみました。

 

 

まずは本店の

田中酒造さんから、、

 

 

第1回 糀まつり…田中酒造 本店(3/16~4/15)

 

今回

第1回 糀まつり…

と言うことと、期間の長さからなのか、

お祭りという割には、

あまり人がいないんです、、

 

それなりに訪れる人はおりましたが、

そんなに混雑もせずゆっくりと楽しめました。

 

 

 

店内は昭和初期当時を再現した

空間で展示スペースなどもあります。

 

糀プリン・糀おしるこ・

糀の甘酒の振る舞いもありました。

 

 

 

 

また
糀の販売や、塩糀や糀の甘酒も販売しています。

 

 

田中酒造は明治32年(1899)創業で、

110年以上の歴史ある蔵元。

 

現在は四代目へと受け継がれ、

小樽の清酒「宝川(たからがわ)」を

守り続けています。

 

田中酒造は
本店と亀甲蔵の2店舗があります。

 

本店は、

昭和初期当時に復元された、

古い看板や帳簿などを展示。

 

しぼりたて生原酒や本店限定酒

も用意されています。

 

5種類の日本酒を試飲出来ました。

 

 

アクセス

 

 

【 田中酒造本店 】
住  所:北海道小樽市色内3丁目2番5号
電話番号:0134-23-0390
営業時間:午前9時~午後6時

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

支店の田中酒造見学

 

 

ここは、

小樽の観光スポットから少し離れた

所にあります。

 

 

造り酒屋で、

1階は直売所になっていて試飲ができます。

 

本店では女性の方しかおりませんでしたが、

ここ支店は、男性の方も接客しておりました。

 

 

大吟醸や濁り酒などなど、

10種類も試飲させてくれるなど、

 

チョット飲みすぎです、、、

 

 

宝川などの清酒のほか、

梅酒などのリキュール類も販売しています。

 

 

2階にあがると製造工程を見学できます。

 

この日はホント誰もいない???

 

ゆっくりと見学が出来ました。

 

アクセス

 

【 田中酒造亀甲蔵 】
住  所:北海道小樽市信香町2番2号
電話番号:0134-21-2390
営業時間:午前9時~午後6時
見学時間:午前9時~午後5時30分

 

 

 
 
 

まとめ

 

 

今回の

第1回 糀まつり…田中酒造

は、第一回目と言うこともあってか

あまりお祭りといった

感じではありませんでした。

 

これから他の酒造祭りのように、

色々な企画が出来て

盛り上がっていくことと思います。

 

「地酒」の暖簾が目印の

田中酒造本店は、

1927年(昭和2年)に建築された

木造2階建ての建物で、

小樽市指定の「歴史的建造物」

になっています。

 

 

昭和初期当時を再現した空間を

楽しんでみるのもいいかも、、

 

小樽に出掛けた際には田中酒造で

酒蔵見学をしてみるのもいいと思います。

 

 

 

ポンサーリンク
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック
トラックバックURL